セブ島で人気の語学学校

美しい浜辺のリゾートでもあるフィリピン、セブ島。観光地としても栄えており、海好きな人には大人気のスポットです。美しい海に囲まれたセブ島ですが、留学先としても人気で多くの語学学校があることでも知られています。
そこでここでは、セブ島で人気の語学学校の情報を集めてみました。各校の特長や授業内容、周辺環境などの情報もご紹介していますので、セブ島留学を検討されている方は、ぜひチェックしてくださいね。

 

フィリピン、セブ島の語学学校リスト

セブ島にはたくさんの語学学校があります。そのなかでも人気のところをいくつかピックアップしてご紹介しますので、多くの人に支持されている学校へ行こうと考えている方は、参考にしてください。

シピルス
CPILS(Center for Premier International Language Studies)

最大学生収容人数520名のマンモス校、CPILS。もともとはホテルだった建物を学校として利用しており、館内は迷子になるくらいの広さです。その分、売店やジム、プールなどの設備が充実しており、あらゆることが学校内でできてしまいます。マンモス校であるメリットは様々な国から生徒が集まるため、刺激を受けることができます。

多国籍で日本人比率が低い語学学校
シピルス

定員 350人 資本 韓国
日本人スタッフ 常駐 日本人率 10%以下

 カリキュラム
ジュニア向け、企業向けと幅広いカリキュラムを用意するCPILS。18段階のレベルわけで会話力を伸ばす「General ESLコース」、マンツーマンレッスンで短期間で英語力を伸ばす「スパルタコース」、仕事上で英語を使う人におすすめの「ビジネスコース」など、英語習得目的にあわせて様々なコースから選べます。

 料金
General ESLコースの費用目安は以下の通りです。但し、レートの変動によって金額が異なってきますので、詳しくは留学エージェントへお問い合わせください。

部屋種類 1週間 4週間 8週間
2人部屋 103,215円 185,955円 351,785円
4人部屋 171,235円 322,345円
 

シーツー ユーベック イングリッシュ アカデミー
C2 UBEC English Academy

2013年、フィリピン政府公認のもの設立した語学学校です。セブ島最大の日系インターナショナルスクールを目指しており、日本人だけではなく、韓国人や台湾人、ベトナム人、タイ人、中国人、アラブ人の留学生も在籍。多国籍だから良い刺激を受けながら、語学力を高めていくことができます。

土曜日もレッスンで徹底的に英語力を伸ばせる
シーツー ユーベック イングリッシュ アカデミー

定員 140人 資本 日本
日本人スタッフ 常駐 日本人率 70~90%

 カリキュラム
留学が決定した時点で、3,000語の単語集と文法用語集をメールで配信するほど語彙力を重要視する語学学校。基礎から丁寧に教えてもらえる初心者にも安心な「一般英語ESL5コース」、マンツーマンレッスンを加えたい人におすすめの「一般英語ESL6コース」、マンツーマンレッスンのみでがっつり勉強したい人におすすめの「一般英語ESL8コース」、土曜もマンツーマンレッスンを受講したい人におすすめの「一般英語Super ESL8コース」、超短期間の留学で英語漬けになりたい人におすすめの「一般英語ESL10コース」、基礎から応用まで学べる「ビジネスコース」など、様々なカリキュラムを用意しています。

 料金
一般英語ESL5コースの費用目安は以下の通りです。但し、レートの変動によって金額が異なってきますので、詳しくは留学エージェントへお問い合わせください。

部屋種類 1週間 4週間 8週間
2人部屋 67,850円 165,600円 331,200円
4人部屋 44,800円 128,800円 257,600円
 

スリーディーアカデミー
3D Academy

セブに古くからある中規模複合施設のJYスクエア。その正面入り口にある3D Academyは、どの語学学校よりも利便性が良く、海外生活でも不自由な思いをしないほど生活環境が整っている学校です。また留学にかかる費用も安く、授業料や滞在費、食費、掃除、洗濯代も含んで、129,000円~(4人部屋/4週間)で学ぶことができます。

徒歩圏内にはガイドブックに掲載される有名店がたくさん
スリーディーアカデミー

定員 180人 資本 日本
日本人スタッフ 常駐 日本人率 50~70%

 カリキュラム
スピーキングを重視したカリキュラム。マンツーマンとグループの授業、いずれも実践的なスピーキングの練習をしていきます。主なコースは、英語レベルや習得目的にあわせて受講科目を選択できる「一般英語コース」、ネイティブ講師によるグループでの授業を取り入れた「ネイティブESLコース」、ビジネス英語が必要となるシチュエーションを想定し、実践的な英語を学べる「ビジネスコース」の3つがあります。

 料金
一般英語コースの費用目安は以下の通りです。但し、レートの変動によって金額が異なってきますので、詳しくは留学エージェントへお問い合わせください。

部屋種類 1週間 4週間 8週間
2人部屋 55,000円 160,000円 315,000円
4人部屋 45,000円 129,000円 253,000円
 

イデアセブ
IDEA CEBU

セブ島の北港にある語学学校のIDEA CEBU。ショッピングモールの向かいあるほか、学校と同じ敷地内にレストランやコンビニなどがある利便性の良い語学学校です。セミスパルタ校として外出制限などの規則が設けられ、英語学習を疎かにできないところが魅力。

日本資本の語学学校では珍しいセミスパルタ校
イデアセブ

定員 150人 資本 日本
日本人スタッフ 常駐 日本人率 70~80%

 カリキュラム
一般英語と試験対策、ビジネス英語のコースが用意され、毎日テストがあります。不合格の場合は宿題や罰則が課せられ、厳しい環境で学びたい人にとってはおすすめです。カリキュラムはスピーキングを重点に一般英語を学ぶ「Power Speakingコース」、TOEICを受験したことのない人が受けられる「TOEIC Bridgeコース」、TOEICスコア270点~350点を持っている人の「TOEIC Intensiveコース」、TOEFLを受験したことのない人が受けられる「TOEFL Bridgeコース」、TOEFL10点~19点を持っている人の「TOEFL Intensiveコース」、ビジネスシーンで英語が必要となる人向けの「BIZ Power Speakingコース」の6つ。

 料金
Power Speakingコースの費用目安は以下の通りです。但し、レートの変動によって金額が異なってきますので、詳しくは留学エージェントへお問い合わせください。

部屋種類 1週間 4週間 8週間
ホテル2人部屋 U$66,815 U$190,900 U$381,800
寮4人部屋 U$49,565 U$141,450 U$282,900
 

ハウディーイングリッシュアカデミー
Howdy English Academy

学校の敷地内にスーパーマーケットやカフェ、レストランなどがあるHowdy English Academy。必要なものは敷地内で揃うため、安全に買い物や食事を楽しむことができます。また日本人シェフが料理を作ってくれるので、初めての海外でも食事面についての心配はいりません。

祝日開校で留学時期が限られていても安心
ハウディーイングリッシュアカデミー

定員 150人 資本 日本
日本人スタッフ 常駐 日本人率 100%

 カリキュラム
様々な習得目的に合わせたコースを用意しているHowdy English Academy。一般英語として「スタンダードコース」、50歳以上を対象とした「50プラスコース」、18歳未満の高校生を対象とした「高校生コース」を用意しています。またマンツーマンの授業を中心に集中的に学びたい人には「マンツーマンコース」、3歳~15歳の子供と一緒に留学できる「親子留学コース」の5つのカリキュラムを用意。

 料金
スタンダードコースの費用目安は以下の通りです。但し、レートの変動によって金額が異なってきますので、詳しくは留学エージェントへお問い合わせください。

部屋種類 1週間 4週間 8週間
2人部屋 89,810円 235,450円 430,260円
4人部屋 70,120円 174,950円 315,310円
 

日本語で話すことが多くなる!?
セブ島留学で英語習得はできるの?

リゾート地で有名なセブ島だけに多くの観光客で賑わう都市。それに加え、日本資本の語学学校が多いため、クラスメイトも日本人、一緒に休日を過ごす友人も日本人となってしまうことも。英語を学びに来ているという自覚をしっかり持ち、一緒に過ごす友人も同じ意識ではないと、日本語で話すことが多くなりがちです。そういった点では、セブ島は24時間英語漬けになりたいと思っている人には、物足りないかもしれません。
語学留学するからには、絶対に英語漬けになりたいと決めている方には、「クラーク」や「マニラ」がおすすめです。

  • クラーク クラーク

    かつてアメリカ空軍の基地があったエリアで、今でも多くのアメリカ人が住んでいます。そのためアメリカ人を講師として雇いやすく、クラーク地区の語学学校ではネイティブな講師が数多く在籍。

  • マニラ マニラ

    マニラにはフィリピン大学をはじめとする優秀な大学が集まる都市。レベルの高い講師を集めるのが容易で、優秀な講師から質の高いレッスンを受けられる語学学校が多いのが特長です。

 

ページの先頭へ