バギオ留学の体験談

マニラやセブ島よりも知名度は低いバギオ。名門大学があったり、スパルタ系の語学学校があったりとフィリピンのなかでは、教育都市として有名な地域といいます。そのためか、学習意欲の高い学生が多く、集中して語学を習得したい方にはおすすめなのだそうです。そんなバギオ留学を終えた先輩たちは、この都市でどんな生活をし、学習の成果はどうだったのでしょうか?

バギオ留学の体験談

そこでここでは、バギオ留学を終えた先輩たちの体験談を集めてみました。バギオへ留学するかどうか迷っている方や不安をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてください。

 たった2週間で英語で日常会話ができるように!
将来のことを考えて英会話力をもっと磨いておきたいと思い、気候のよいバギオへ留学しました。期間は2週間と短かったのですが「片言でもとにかく話そう!」と思い、ひたすらいろんな人に話しかけました。
日本人の学生やスタッフが多かったのですが、母国語禁止を貫いて自分に厳しく過ごした結果、日常会話がスムーズに話せる程度まで上達しました。不安もありましたが、一歩踏み出してみて本当に良かったと思います。

 

 雄大な自然の中で勉強に集中できます
フィリピンのほかのエリアにある語学学校からバギオへ移りましたが、とても勉強しやすい環境。涼しいので暑さでボーっとすることもないし、何より虫に悩まされなくて済むのが良かったです。
韓国人より日本人が多かったのですが、日本人以外の友人を作るよう心がけて過ごしました。講師の先生と一緒に食事をしたり、外出したりするのも有意義でしたね。他国の文化に直に触れることができて、非常に有意義な留学でした。

 

 観光も勉強も両方楽しめました
バギオ留学は観光も勉強も両立できると聞き、キャリアアップのためにもなると思って訪れました。スピーキングとリスニングを強化したいと考えていましたが、グループディスカッションの授業がとても役立ちました。
いろいろな生徒の英語を聞くことができましたし、自分も「英語で伝えよう」というモチベーションが高まりました。ネット環境はイマイチでしたが、治安も気候も良くて過ごしやすいのが良かったです。週末は友人と温泉やショッピングを楽しみ、いい思いでも作れました。

 

 スパルタレッスンで英語漬けの日々
就職活動前に英語力を伸ばしたいと思い、知人の薦めでバギオ留学を決めました。マンツーマンの授業が多いので自然と英語を話せるようになり、スピーキング力はかなり伸びたと思います。ただ、1日8時間の授業+自習4時間のスパルタレッスンは、かなりハードで体力的にも精神的にもちょっとキツかったです。 スパルタなので自由時間はほとんどありませんが、オフはSMやピクニックへ行ったりしてそれなりに楽しめました。個人的にはマッサージサロンが良かったです!

 

バギオへ留学した先輩たちの声を見てみると、短期間でも成果を出すために努力をし、充実した休日を過ごしている様子が伺えます。先輩たちのようにバギオ留学で英語力を身につけながら、充実した休日を過ごしたいという方は、無認可で語学学校を営んでいるところを選んでしまって、強制送還にならないようにしたいものです。
そんなことにならないためにも、一人ひとりに合った語学学校を無料で紹介してくれるエージェントに相談することをおすすめします。

このサイトでは、英語習得の目的などに合わせて認可されている語学学校を紹介してくれる留学エージェントをまとめています。バギオ留学をご検討の方は、ぜひチェックしてみてください。

 

ページの先頭へ