バギオの生活環境・観光スポット

フィリピン屈指の学園都市として高い意識の人々が集まるバギオですが、いざ留学をするとなると治安や生活環境など、心配なことも多いはず。そこでここでは、バギオの治安や気候、交通、生活環境について詳しく調べてみましたので、ぜひご覧ください。また学校の休日に友人と一緒に過ごせる観光スポットも併せてご紹介します。

 

犯罪は少ない!?
バギオの治安、大丈夫?

フィリピンと聞くと治安が悪いイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、バギオは比較的安全な都市です。しかし日本よりも安全ということはありません。フィリピンのほかの主要都市に比べてというレベル。
バギオはフィリピンのなかでも田舎でありながら、道路がしっかりと整備され、街もきれいで過ごしやすい場所です。避暑地として富裕層が多く、街全体でバギオの雰囲気を保っているためか、ストリートチルドレンもいません。

ただ、気をつけたいのがバギオへ訪れるにはマニラを経由しなければならないことです。通常マニラにある国際空港からバスに乗ってバギオへ移動します。可能であれば学校の送迎バスを利用できれば良いのですが、なかには安く収めようとして、自力で行こうとしてぼったくりの被害に遭うこともありますので、ご注意ください。

 マニラからの移動、ココに注意!

マニラからの移動、ココに注意!

バギオへは日本からの直行便は出ていません。基本的には飛行機でマニラまで行き、マニラからバギオまでバスで移動します。フィリピンの首都マニラにある「ニノイ・アキノ国際空港」では、外国人を狙ったぼったくりなどの犯罪が多いようです。また過去に空港職員が手荷物のなかに銃弾を入れてわいろを要求してきたり、盗んだりする被害が起こったりしています。
対策として、バギオまでは学校の送迎バスを利用すること、また預ける荷物は日本の空港でラッピングしてくれるサービスを利用すること、関税手続では荷物から目を離さないことが重要です。

 

バギオはどんな都市?
生活環境は整ってる?

フィリピンの北部にあるバギオは、山々に囲まれた自然豊かな都市です。名門大学や語学学校が多く集まり、教育機関が揃っていることから学園都市とも呼ばれています。そんなバギオには日本(成田や関西空港など)からは直行便がありません。一般的には飛行機でマニラへ行き、マニラからバスを利用してバギオに行きます。

標高1,500mに位置するバギオの気候は、年間を通してとても涼しく、フィリピンのなかで避暑地とされている過ごしやすい地域。3月から5月にかけて政府機関が避暑地として利用するくらい快適です。バギオにも四季は無く、雨季と乾季の2つのみ。10月から4月までは乾季で、5月から9月までは雨季になります。雨季のなかでも1月の気温は、10度まで下がりますので南国のつもりで行くと失敗しますので、ご注意ください。また雨季にはスコールのような雨が降ることが多いのですが、日本の梅雨のような湿気はありません。ジメジメした蒸し暑さは感じません。

 

安全な交通手段を知りたい!
公共交通機関にはどんな種類がある?

バギオでの公共交通機関は、ジプニーとタクシーの2つですが、タクシーの料金が安いことから、そちらを使う人が多いです。但し、マーケットやレストランなどはあちらこちらに点在していますので、普段の生活で使うものを揃えるくらいであれば徒歩で十分。逆にフィリピンで有名なトライシクルですが、バギオではほとんど見かけません。

 

休日を満喫する!
バギオの観光スポット

学生都市と呼ばれるバギオにも、学校の休日を楽しめる観光地はあります。せっかくフィリピンへ語学留学しているのだから、楽しめるスポットで過ごしたいもの。そこでここでは、バギオで人気の観光スポットをご紹介します。

 バナウェの棚田(Banaue Rice Terraces)

バナウェの棚田(Banaue Rice Terraces)

2000年前ほどにイフガオ族が神の捧げものとしてつくったといわれる棚田。複雑に入り組んだ棚田に湧き水を行き渡らせる技術について、世界的にも評価されるほど。天国への階段と呼ばれることもあるそうです。

 

 ライトパーク(Wright Park)

ライトパーク(Wright Park)

バギオの人々から愛されるWright Park。きれいに手入れされた公園で、フィリピンの映画撮影でも良く使われています。乗馬が楽しめることでも有名です。大きなリボンをつけたり、毛をピンク色に染めたりとカラフルで可愛い馬たちがずらりと並んでいます。ポニーボーイに声をかけて乗馬を楽しむシステムです。

 

 ザ マンション(The Mansion)

ザ マンション(The Mansion)

フィリピンがアメリカ占領下だった頃、その暑さに耐えかねたアメリカ人が避暑住居として建てた施設。入口の門はバッキンガム宮殿をイメージしてつくられており、撮影スポットとなっています。

 

 ボタニカル ガーデン(Botanical gardem)

ボタニカル ガーデン(Botanical gardem)

緑が溢れる園内には、日本や韓国、中国の東屋が建っており、公園の奥には第二次世界大戦の頃の日本軍の野戦病院として使用された防空壕が残っています。バギオと日本の歴史の重さを感じることができる重要な場所です。

 

フィリピンにいながらにして涼しい環境で語学を身につけたと考えている方には、バギオ留学がおすすめです。バギオにはいくつかの語学学校があり、そのなかから英語習得の目的に合った学校を見つけたい方は、このサイトで紹介しているバギオでおすすめの語学学校をご覧ください。
またバギオへの語学留学に不安を感じている方は、すでに留学した先輩の体験談から、ご自身の疑問を解決してくださいね。

  • バギオの語学学校 バギオの語学学校

    バギオで人気の語学学校の情報を集めてみました。各校の特長や授業内容、周辺環境なども情報もご紹介。

  • バギオ留学の体験談 バギオ留学の体験談

    バギオでどのような生活を送っていたか、勉強の成果はあったのかなど、先輩留学生の声をご紹介。

 

ページの先頭へ